キャッシング審査

キャッシング審査の必要書類について

キャッシング審査を受ける場合、必要な書類にはどのようなものがあるのでしょう

 

準備が大変なら、申し込むのは面倒と考えてしまいますよね。
しかし、キャッシングで必要な書類は多くて2種類、準備しやすいものばかりです。

 

まず本人確認書類です。運転免許証や健康保険証などが指定の本人確認書類となっています。指定のものがキャッシングによって違うこともあるので、念のため申し込み前には確かめておきましょう。

 

次に希望限度額によって収入証明書も必要になります。
消費者金融では50万円を超える限度額を希望する時に、収入を証明する書類提出が必須です。

 

銀行カードローンでは、それぞれ提出する限度額が違っています。
申し込みでの準備の手間を減らしたい時は、提出する限度額ができるだけ大きなカードローンを選ぶのもよい方法です。

 

収入証明書は、2ヶ月分の給与明細書と賞与明細書、納税証明書や源泉徴収票などが指定されているキャッシングが多いです。ただし、これもキャッシングによって指定されているものが違うことがあります。申し込み前に確かめておきましょう。

 

書類の提出方法は、最近はアプリを利用して手早く済ませることができるキャッシングも増えています。スマホなどで写真を撮って送る場合、撮り方などにルールがあります。満たしていないと、再提出になって時間がかかってしまいますので、確認して撮影しましょう。

 

書類提出のタイミングは、キャッシングによって少しずつ違いがあります。
申し込みの時点で書類提出を求められることは少ないですが、一次審査後に書類提出してから本審査となるキャッシングも見つかります。

 

少なくとも契約前には提出しないといけませんので、早めに準備しておくほうがよいでしょう。