キャッシング審査

キャッシング審査に落ちた理由

キャッシング審査に落ちた時、その理由として考えられるものはいくつかあります。

 

また、複数の理由が重なって借りられなかった場合もあるでしょう。
ただ、通らなかった理由を考えておくことは、あとでまたキャッシング申し込みするなら、とても重要になります。

 

・延滞履歴があった
申し込みをした際に、必ず信用情報機関へ照会する同意を確認されます。
これまでどんなローン・キャッシング・割賦支払いを利用したり申し込んだりして、どうやって返済してきたのかという履歴が信用情報機関には残っているのです。

 

延滞履歴があると、また同じように返済しないと判断されて審査に落ちてしまうのです。

 

・勤続年数が短すぎた
キャッシングはそれほど長い勤続年数は求められません。
それでも少なくとも半年程度は同じところで勤務していないと、審査には通らないでしょう。

 

アルバイトや契約社員の方も申し込みできるキャッシングがほとんどですが、一定期間以上継続して働いていることが大切です。

 

・総量規制額を超えていた
貸金業者のキャッシングなら、総量規制額以上は絶対に借りられません。
うっかりしてしまいやすいのが、クレジットカードのキャッシングです。

 

キャッシング枠は実際に借りていない場合も、すぐに借りられる額なので、総量規制額に含まれて判断されることがあります。いつのまにかクレジットカードは増えてしまうものなので、キャッシング枠を確認しておきましょう。

 

すぐに改善できるケースが少ないこともあり、期間をあけて再申し込みする必要があるものが多いです。ただ、何度も繰り返して申し込んでしまうと、申し込みブラックになってしまうので、審査に落ちた理由を推測しておくことは大切になるでしょう。