キャッシング審査

キャッシング審査にクレジットカードは関係する?

キャッシング審査では、すでに所持しているクレジットカードは影響するのでしょうか?
クレジットカードで注意しておきたいのは、ショッピング枠とキャッシング枠があることです。

 

クレジットカードのキャッシング枠は、ショッピング枠と違って貸金業法の総量規制対象となっています。総量規制は、年収の3分の1まで借りられるというものです。貸金業法対象の借入が、すべてこの額に含まれることになります。

 

つまり、クレジットカードですでにキャッシングしていた場合、新たなキャッシング審査ではこの額は引かれて限度額設定されるのです。

 

クレジットカードは、買い物する場所ごとなどポイントを貯める目的で、枚数が多くなりやすいですね。またショッピング枠を含めてキャッシング枠も利用可能額として、利用の状態に応じて大きくなっていることもあります。

 

実際にキャッシングしていない状態でも、すぐに借りられると判断されて、新たな借入額が算出されるケースが多くなるのです。

 

キャッシングでできるだけ大きな限度額を設定したいなら、クレジットカード自体の枚数をまず見直しましょう。それと同時にキャッシング枠も確かめておく必要があります。

 

新しくキャッシング審査に申し込む前に、必ずチェックしておきましょう。
枚数が多ければ使っていないものは解約するか、キャッシング枠を0にしたり減額したりしておく必要があります。

 

実際のところキャッシング専用商品は低金利のものも増えているため、クレジットカードでキャッシングするよりも利息を抑えられることも多いのです。